【カーシェアの最終結論!】カレコとタイムズの掛け持ち【注意すべき3点と要点まとめ】

最終結論【カーシェアは掛け持ちが大正解!】

自家用車を売却してカーシェアを利用するようになって10年が経ちました!

10年前にタイムズのカーシェアを利用し始めましたが、現在はカレコとタイムズの掛け持ちをしています。

これが大正解でした!

今回は最低限の料金でカーシェアを最大限に利用できる「掛け持ち」について紹介します。

自家用車を手放してのカーシェア利用に躊躇している方にも参考になれば嬉しいです。

掛け持ちによって解消されるカーシェアリングの心配事2つ

心配その1

自家用車を手放すとき、心配ごとのひとつになるのが「車にいつでも乗れなくなる」でした。

予約が埋まっていて乗りたい時に自由に乗れないのでは…?

このような心配は「選択肢を増やす」ことで解決します。

 

例えば中目黒でタイムズに乗ろうとすると、約25台見つかります。

続けてカレコで探してみると、約40台の車が見つかりました。

地図を重ねると、こんな感じになります。

中目黒駅周辺を広くカバーできました。

この2社に契約していると、合計約65台の車から選択することができます。

自宅から最短の距離で借りられることが一番ですが、もし乗りたい時に乗りたい車が乗れなくても、これだけの選択肢があると「車がなくて困る」ことはありません。

心配その2

駐車場まで歩いて行くのが面倒じゃないかしら。。

家やマンションの駐車場から車に乗れないことは最初は不便に感じますが、その駐車場を持たないことが毎月の負担を減らしてくれていると思うと我慢できます。

自家用車を手放すと、駐車場代の他にも、ガソリン代、洗車代、車検代なども不要になります。

検索して自宅から乗りやすい場所に乗りやすい車があるのはどのカーシェアリングか調べてみてください。

きっと思っているより多くの車を見つける事ができるはずです。

少し離れていても利用しやすいように、カレコでは借りる車の駐車場に自転車を停めておけるサービスも始まりました。

どうしても不安という方は、雨の日にも利用することを想定して、徒歩3,4分程度の距離に、借りられる車が何台あるかを確認することをお勧めします!


実際にあった掛け持ちのメリット3つ

紛失時の保険として

タイムズのカーシェアは専用のカードキーが必要なのですが、これを無くしたことがありました。

対してカレコはスマホさえあれば借りることができます。

タイムズで再発行したカードが届くまでの約2週間、カレコを利用していつもと変わらない生活を送ることができました。

逆も然りで、スマホの充電がなくなった時やケータイをどこかに忘れた時には今度はタイムズのカードキーが保険になってくれます。

カッコつけたい時に

タイムズもカレコも乗れる車種はとても多く、いろんな車を試すことができます。

特に、高級車に気軽に乗れることはカーシェアリングの魅力のひとつです。

タイムズのプレミアムクラスには、女性に人気のminiや大型のノアなどがあります。

一方カレコにはベンツやジャガーの外車やロードスターやグランエースが揃っています。

そしてカレコは綺麗に使っている人が多いイメージです。(定期的に清掃をしているのかもしれません。)

なので、誰かを乗せるときなどカッコつけたいときはハズレの少ないカレコを利用することが多いです。

普段使いはタイムズを使うなど、シーンに合わせて車や会社を選べるところも掛け持ちの魅力のひとつです。

旅先でのチョイ乗りに

カーシェアのメリットのひとつに、「どこでも借りられる」ことが挙げられます。

10〜15分単位で借りられて、レンタカーのように大袈裟な手続きがないカーシェアリングはどこでもピッと乗れてサクッと移動する事ができます。

  • 札幌では、車で30分ほどの場所にある天然温泉に。▷タクシーを呼んだり、待たせる必要がなく、時間に縛られずに気ままに過ごせます!
  • 大阪では雨が降ってきたので往復5分でたこ焼きを買いに。▷タクシーより安価に気軽に利用できます!
  • 那覇では日差しが強すぎたので歩きたくなくて車を借りました。▷お土産が多くなっても車に置いて観光が続けられます!

 

自宅から最短距離で借りられることに加えて、“出かけ先の最良の場所”からも借りられるように、2社以上のメンバーになっておくと選択肢が増えます。

自宅から一番近いカーシェアリング会社と、出かけ先で借りやすい場所にあるカーシェアリング会社は同じとは限りません。

複数のカーシェア会員になることで、日本中どこでも自由に借りられるようになるのです。

掛け持ちの注意点3つ

ここまで掛け持ちをすることでカーシェア生活の不安が解消できるとお勧めしてきましたが、やたらと入会すればいいわけではありません。掛け持ちする際にはいくつかの注意が必要です。

注意点その1.【メインのカーシェアで上級会員を目指す】

例えばタイムズでは、利用によってたまるポイントによって1~4のステージに分類されます。

ステージが上がると色々な特典が受けられ、よりお得に利用できるようになります。

  • 月額基本料が無料になる
  • 3週間前からの予約が可能になる
  • ハイグレードの車をひとつ下のグレードの料金で利用できる
  • 毎月60分無料になる

注意点その2.【メインとサブで使い分ける】

カーシェアリングにおいては選択肢は多ければ多い方が自由度が増します。

いつでもどこでも乗れるようになるからです。

しかし、あれもこれもと様々なカーシェアリングを使っているとその会社での特典が受けにくくなるかもしれません。

[注意その1.]で紹介したように、上級会員になると同じサービスをお得に使えるようになります。

また、どのカーシェアリングでも何かしらのポイントが貯まるようになっているので、メインのカーシェアリングを1箇所にしてポイントを集中させた方が還元しやすくなります。

注意点その3.【サブは月会費無料プランに入る】

カーシェアリングに入会すると大抵月会費がかかります。

タイムズは880円/月、カレコは980円/月です。

それぞれ月会費分を利用料に使えるので、毎月利用があれば実質無料ということになりますが、掛け持ちするときはあえて月会費無料プランに入ることをお勧めします!

しかし、月会費無料の場合には月会費がかかるベーシックプランに比べて都度の利用料金がやや割高になることがあります。

例) カレコ / ミドルタイプの料金比較

ベーシックプラン 140円/10分

月会費無料プラン 160円/10分

このように料金を比較するとベーシックプランの方がお得なのですが、月会費を無駄にするリスクを無くすためにあえて月会費無料プランをお勧めしています。

もちろん掛け持ちしているどちらの車も同頻度で利用するような方であれば、ベーシックプランでの利用がお得になります。

月会費無料プランがあるカーシェアリングはこちら

参考 オリックスカーシェア「個人Bプラン」【公式】オリックスカーシェア「個人Bプラン」 参考 カレコ「月会費無料プラン」カレコでカーシェア始めませんか? 参考 タイムズ「学生プラン」月額料金|カーシェアリングのタイムズカー 参考 カリテコ チョコ乗りプラン【名鉄協商カーシェア カリテコ - cariteco -】

ここに載せた情報以外にも、利用方法支払い方法によっても年会費が無料になる事があるので、サブで利用するカーシェアリングを決めるときの参考にしてみてください。

まとめ

以上カーシェアリングの「掛け持ち」をお勧めしてみました!

実際には、住んでいる地域や車の使い方によっても条件は変わるのかなと思いますが、これからも自家用車よりもお得に自由にカーライフを楽しめたらいいなと思います!

タイムズとカレコの要点比較

利用者の多いタイムズとカレコの要点を比較してみました。

表以外のポイントとしては、カレコの利用者の方が車内を綺麗に使う傾向があるかなと(主観ですが)思います。

タイムズは給油と洗車をした際の還元(30分ずつ無料)が大きいのと、全国で見かける圧倒的な多さが魅力的です。

タイムズの紹介コードはこちら 0011920815

タイムズ カレコ
プラン

個人(月額880)

※同額分(1時間)無料利用できる

学生(4年間月額基本料金タダ)

※ステージ2からは月額基本料金が無料になる特典あり

個人(月額980円)

月会費無料プラン(月額基本料金がない代わりに、時間料金が高くなる)

6時間パック料金

ベーシック(4,290円)

ミドル(6,490円)

プレミアム(8.690円)

※各種キャンペーンが多い(ナイトパック990円、長距離キャンペーンなど)

ベーシック(4,980円)

ミドル(4,980円)

プレミアム(9,300円)

プレミアムプラス(13,400円)

距離料金(6時間を超過した場合)

16/km

18円~22円/km

解錠施錠方法

タイムズカーシェアの専用カードを車にかざして解錠施錠

スマートフォンアプリの利用開始ボタンを押下することによる遠隔操作。

カード登録も可能

入会方法

カード発行手数料1650

※自動発行機や説明会参加申し込みならタダ

※最短当日

来店の必要はなし

手持ちのスマートホンが会員カード?になるのでカードの発行しなくてよければ3時間で承認され利用できる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です